読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「理想の間取り旅(マンションの選び方)」

「注文住宅営業9年、分譲マンション販売4年・マンション管理5年」ー「売らなければならないノルマ」=「良質なマンションの選び方の知識」。失敗しないマンションの選び方を中心に住まいづくりの提案をするブログです。その他素晴らしい建築。小旅行。

「マンション営業が教える失敗しないモデルルームの見学方法①」

こんにちは。晴(ハル)です。

まだ建物が出来ていないマンションを検討する場合、モデルルームを見学し、イメージを膨らませますが、「モデルルームだから豪華に作っている」「オプションばかりで参考にならない」など思われる方も多いのではないでしょうか?

本日は、「マンション営業が教える失敗しないモデルルームの見学方法」の記事をご紹介します。

f:id:haruru1019:20170324002752j:plain

 

 

「失敗しないモデルルームの見学のポイント」

私は戸建注文住宅の営業9年、新築分譲マンションの営業4年と多くの時間をモデルルームで過ごしてきました。

実際のマンションのモデルルームは、間取りの変更があったり、多くのオプションを使っているのは事実ですので、失敗しないモデルルームの見学のポイントをまとめてみました。

1.モデルルームの見学は、このポイントを見てください。

2.実際の間取りを想像してください。

3.図面では分かりずらい点を確認してください。

今回は、この中から「1.モデルルームの見学では、ここを見てください」をご紹介します。

f:id:haruru1019:20170324002557j:plain

 

「1.モデルルームの見学ではここを見てください

モデルルームは、マンションの内装を知ることができる良い機会ですので、ぜひ、以下の点に注意して、見学してください。

①モデルルームの内装はオプション以外を見ましょう。

②ドアなどの細かい部品のグレードで、内装のレベルを知ることができます。

③マンションの基本的な内装色により、購入層が分かります。

f:id:haruru1019:20170322225421j:plain

  「①モデルルームの内装はオプション以外を見ましょう」

マンションのモデルルームは、内装のイメージを良くするため、オプションだらけです。特に以下の部分によくオプションを使用しています。

もちろんお金をかけてオプションを付けられても良いのですが、検討時期によっては、変更できない場合もありますので、ご注意ください。

<オプション例>

・リビングの壁(標準:クロス)(オプション:石彫壁)

・照明(標準:シーリング数個)(オプション:ダウンライト多数)

・廊下(標準:フローリング床)(オプション:大理石床)

・寝室(標準:フローリング床)(オプション:高級カーペット)

モデルルームでは、オプションは極力見ずに、標準のクロスやフローリングを参考に、部屋の内装をイメージするようにして下さい。

f:id:haruru1019:20170324003417j:plain

「ドアなどの細かい部品のグレードで、内装のレベルを知ることができます」

私がマンション内装で気を付けてみる箇所は「ドアの取っ手」です。

「ドアの取っ手」のような、一般的に気付きにくい場所・部品に良いものを使っているマンションは、総じてこだわりのレベルが高く、良いものを提供しようとする企業姿勢も感じるからです。

「細部まで、こだわるマンションは良いマンションが多い」です。

 

f:id:haruru1019:20170324003735j:plain

「マンションの基本的な内装色により、購入層が分かります」

また、マンションの基本的な内装色により、購入層が分かります。

一般的には、フローリングやドアの色が明るい場合は「若いファミリー層」、落ち着いた色の場合は「若干年齢の高い層・高年収層」を想定している場合が多いです。

色は好みですので、自分たちのイメージに合うかご判断下さい。

 

「最後に一言」

今回は、モデルルームの見学方法・ポイントについて記事を書きました。

モデルルームはプロのンテリアコーディネーターが考えた内装・インテリア・家具に囲まれた夢の空間です。モデルルームを見学する時は、「まずは、楽しんでみる」位の気持ちで見てみて、検討できそうな物件であれば、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

では!!

 

 

 

 分譲マンションブログランキングに参加してます。

↓ ↓ 良かったら、ポッチと願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村